夏庵`s nest

nest [nest]
1(鳥, 虫, 魚, 小動物の)巣, 巣穴.
2居心地のいい場所, 休み場所, 隠れ場所, 避難所.

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
倫敦塔・幻影の盾 /夏目漱石
幻想文学というジャンルが、正確にどうした傾向の作品を指すのか良くわからないが、漱石のこの短編集はそういうジャンルに加えても良かろうと思う。
 つまり、「倫敦塔」という短い文章は、断じて紀行文というジャンルに入る物語ではないということなのだけど。

倫敦塔・幻影(まぼろし)の盾 他5篇
倫敦塔・幻影(まぼろし)の盾 他5篇
夏目 漱石

 まあ、「カーライル博物館」は紀行文かもしれないけど。
 が、「倫敦塔」はそこに現実でない何かを見てるのは明白だし、それがただ歴史ある建造物に際してそこから昔の物語を自然に想起するというような範囲の話からは、明らかにもう少し別の次元に往っちゃってますよね。
 他の話もなんだか怪談めいた話が多いし、とにかくかなり奇妙な味わいの作品集であることは確かだ。
 「幻影の盾」と「薤路行」はアーサー王伝説を基にした歴史物(?)だけど、いやこれは正直、読むのがちとつらい。

 全体に暗い陰鬱な雰囲気の作品が多く、これが「猫」と同時期に著された作品群とは到底思えないけど、僕は結構好きだな。
 中に「一夜」というごく短い一編があるのだけど、この話には後の漱石の物語のすべてが詰まっているのではないか、と思う。
 ちょっとなんだか良くわからない話なんだけど、この話は漱石の全作品の中でもかなり好きな一編です。

| 夏目漱石 | 20:58 | comments(0) | trackbacks(0)
夢十夜 /夏目漱石
漱石の夢十夜が映画化されるのだそうだ。
十篇の物語をそれぞれ別の監督の演出でオムニバス形式の映画にするという。
一話目(死んだ妻を百年待つ話)は実相時昭雄監督で、松尾スズキと小泉今日子が出演だって。
松尾スズキは監督としても第六夜(運慶が仁王を彫る話)を演出するらしい。なんでもミュージカル仕立てにするとか。
他の監督、キャストなどはよくわからないのだけど、これだけでもちょっと面白そうだ。



今年の初めに漱石の全小説を再読しようという計画を立てて、まあ、最近はあまり進んでなかったのだけど、ずっと読み続けてはいたのだ。
このブログにも最初は感想を書いていたのだけど、どうも短い文章で印象だけ語るというのが漱石に関してはそれが出来難くて、そのままにしていた。
つまり、どうせならもう少し長い文章で論じてみたいと思いはじめ、そうなるとますます短い文章で印象だけ語るのは不適切な気がしてしまうのだった。
でもこのブログでは、短い印象だけでも書いておくのは、まずそうすべきことなのだな、思い改めまして。
長い感想なりはまた別の機会に書けば(どうしても書きたいというなら)いい話なのだから。
ということで、今年いままで読んだ分の漱石の小説の感想をちょっとづつ書いていこうと思います。夢十夜の映画化という話題が、上手いきっかけという事で、まずはこの幻想的な短編集から。

夢十夜 他二篇
夢十夜 他二篇
夏目 漱石
続きを読む >>
| 夏目漱石 | 17:13 | comments(2) | trackbacks(2)
「草枕」
今週はずいぶんと暖かくて、桜も一気に咲いたかと思ったらもう散り始めてしまった。
今週の木曜日に小金井公園に花見に行った。
桜もちょうど満開で気温も高く、久々になんだか安らいだ気持ちになった。
もうだいぶ前に読み終えていたこの本を持っていけばよかったな、と思った。
草枕
草枕
夏目 漱石
続きを読む >>
| 夏目漱石 | 11:45 | comments(0) | trackbacks(1)
「坊ちゃん 」 夏目漱石
夏目漱石

坊ちゃんとは何者であるか?
坊っちゃん
坊っちゃん

坊ちゃんとはユーモアを解さない人である。
続きを読む >>
| 夏目漱石 | 02:01 | comments(0) | trackbacks(0)
吾輩は猫である 夏目漱石
で、ぼちぼち始めるわけなんですが、今年になってから夏目漱石の全作品の読み直しというのをやってるんですけど、もちろん初読というのもたくさんあるわけですが、いままで漱石全作品の中で折に触れ一番読み返した回数の多いのがこれで。
吾輩は猫である
吾輩は猫である

でも考えてみたら通しで読むってあんまり無かったかも。
続きを読む >>
| 夏目漱石 | 16:54 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
GALAXY
GALAXY (JUGEMレビュー »)
クレイジーケンバンド, FIRE BALL, PAPA B
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS