夏庵`s nest

nest [nest]
1(鳥, 虫, 魚, 小動物の)巣, 巣穴.
2居心地のいい場所, 休み場所, 隠れ場所, 避難所.

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
クレイジーケンバンドが関わる二つの映像作品
 この間のクレイジーケンバンドの武道館公演のとき、「ヒルトップマンションブルース」の演奏中にバックスクリーンに流れた映像は、あら、なつかしや、「池袋ウエストゲートパーク」の特別編「スープの回」のメンバー出演シーンではないですか。
池袋ウエストゲートパーク スープの回 完全版 (通常版)
池袋ウエストゲートパーク スープの回 完全版 (通常版)

 これがTVで放送されたときは、まだ智さんもクレケンファンではなかったので、なんか変なおっさんらが出てる、アーこれがクレイジーケンバンドのメンバーなんだぁ、あたし嫌いかも、というような反応だったので(泣)、じゃあ改めて観てみようとDVDを借りてみた。
 そしたら、特別編ということで、TV放送よりも90分も長いバージョンなんですね。

 いやぁ、面白かった。すっごい楽しかった。
 改めてみると、智さんのファンの人ばっか出てるのね。
 長瀬もそうだし、妻夫木も(最近一番のお気に入り)だし、キャッツの面々もでてるし、で、CKBでしょ。すごい、彼女のためにつくったみたいな作品だ。
 だから、話がだらだら長すぎだし、ギャグとバイオレンスのぎりぎりのスリリングさはないし、サイドストーリーが中途半端だったり、ケンさんがぜんぜんしゃべれてなかったり、CKBのメンバーが浮浪者の役でもぜんぜん違和感なかったり、第一演奏シーンがフルコーラスって、PVじゃないんだから!と突っ込みどころ満載な出来であったりはするのですが、まあ、僕ら的にはそれらが全部よかったと。もうお腹一杯ナ感じ。
 「IWGP」ファンの人にはあんまり評判よくないみたいですね、アマゾンのレヴューとか見ると。

 で、そんな感じで盛り上がった翌日に智さんが借りてきたのがこれなんですね。

約三十の嘘 特別版
約三十の嘘 特別版

これはなんと音楽がクレイジーケンバンド!(妻夫木もでてる)
続きを読む >>
| DVD | 09:59 | comments(0) | trackbacks(2)
69 sixty nine
クドカンの脚本だし、こういう馬鹿な若者の青春モノっていうのは得意なところじゃないですか。だから観たいなとは思ってたんですが。
実は原作が大嫌いだったもんで、いままで観てなかった。
この間「ジョゼと虎と魚たち」を見て、妻女木クンというのはなかなかいい役者じゃあないかと思って、一応これも押さえに見ておこうかぐらいのつもりで手に取ったのですが。


69 sixty nine
69 sixty nine

なんだ、すげぇ面白いじゃん、これ。

続きを読む >>
| DVD | 11:10 | comments(2) | trackbacks(2)
ジョゼと虎と魚たち
渋谷でそろそろ公開も終了しようかという「メゾンド ヒミコ」を見ようかと思ったのだ。
評判もいいし、面白そうだったので。
でも、その前にこれは観ておこうかなと借りてきた。
結局DVDは観て、映画館にはいかず。
ジョゼと虎と魚たち(通常版)
ジョゼと虎と魚たち(通常版)



でも良かったですよ、これ。
すごく。
続きを読む >>
| DVD | 21:38 | comments(2) | trackbacks(0)
Shall We ダンス?
小林信彦さんは、小説家としてよりも映画、小説あるいはエンターティメント全般の評論家としてむしろ信用しているというか敬愛してる作家だ。
で、その小林信彦氏が敬愛し、かつ最も信用してる映画評論家が双葉十三郎氏でその両氏が日本映画史の中で90年代の作品からなにを選ぶかといえばこの「Shall We ダンス? 」なのだった。
<参考:ぼくが選んだ洋画・邦画ベスト200小林 信彦
日本映画 ぼくの300本双葉 十三郎

Shall We ダンス? (初回限定版)
Shall We ダンス? (初回限定版)

当然僕としても見ておかなきゃいけない作品だったわけで。
まあホントなぜ今かといえば、「笑いの大学」と「王様と私」を見た後だとやはり流れ的にこれだなと。
何で言い訳してるのか良くわからんのですが。

続きを読む >>
| DVD | 14:36 | comments(2) | trackbacks(0)
王様と私
このブログはボクのまあ、個人的な日記というか、日々の記録といいますか、読んだ本とか、観た映画とかを片っ端から忘れてっちゃうので、その備忘録的な性格がかなり強い。
なんで「スクールオブロック」みたいにネタ的にかなりイマサラ感の強いものも、観た以上は(しかも面白かったならなおさら)取り上げないわけにはいかないのが少々ツライところ。

これも実は一緒に借りておととい見たんですけど「ミュージカル好きみたいなこと言ってて見てなかったの〜?」と自分でツッコンでおきます。
はい、初めて観ました。面白かったです!
王様と私 特別編
王様と私 特別編
続きを読む >>
| DVD | 21:31 | comments(0) | trackbacks(0)
School Of Rock
もう1年前ぐらいにDVDが出てて、音楽関係のブログでもさんざん話題になってた作品なので、いまさら感は強いんですけど。
昨日、初めて観ました。

スクール・オブ・ロック スペシャル・コレクターズ・エディション
スクール・オブ・ロック スペシャル・コレクターズ・エディション

いやー笑った笑った。しかも最後のほうちょっと泣いちゃったかもしれん。
ホント、お決まりのパターンなんだけどね。
意外とこういうのに弱いんだよね、ボク。
百万遍もやりつくされた物語なのに、これだけ面白いのは何より主演のジャックブラックの芸、これに尽きますね。
もちろんロック好きには、なつかしの名曲のオンパレードもうれしいけど、あるある系のネタがやっぱ笑える。
同じようなネタ満載だった「ウェインズワールド」がいまいち笑えなかったのに、こっちではこれだけ面白いということは、やっぱりジャックブラックの演技力というか芸の力なのかなと思う。
ちなみに智さんも一緒に観てたんだけど、最初はいやいや(デブでアクの強い主人公は智サンの一番嫌いなキャラだ)、途中から爆笑、最後は「バンドやりてぇー!!」とシャウトしてたから、かなり気に入ったみたい。
智さんは昔のハードロックなんてぜーんぜーん知らない。それでもこれだけ面白がってたんだから、ロックに特に興味のない人でもぜんぜんOKということですね。
もちろんROCK好きはもうとっくに観てるはず、今まで観てなかったのがちょっと悔しい!ぐらいの映画でした。


| DVD | 20:59 | comments(7) | trackbacks(2)
ナイアガラ
前項で本格推理のTVドラマが見たいという話をしたんですけど、アレですよね、ちょっと趣向は違うけど「古畑任三郎」とか、そういうことですよね。
やっぱり、その手のドラマの需要というのはあるんだと思う。(今度またやるみたいだし)
ドラマ的にもかなり作りやすいと思うのだけど、要はそれだけ短い時間で謎の構築と解体っていうスリルとカタルシスを味わえるような、質のよいソリッドな原作なり、脚本なりが到底揃わないということなんでしょうね。

さて、そういうわけで(そういうわけでもないでしょうが)、毎回同じような物語に若干の設定の入れ替えをしてるだけとしか思えない2時間サスペンスが大量に作られてるわけですが、先日、クラッシックムービーでまさに2時間サスペンスの原点とも言うべき作品を見てしまった。

ナイアガラ
ナイアガラ


2時間サスペンス風にタイトルをつけるなら、
「ナイアガラ滝殺人事件
〜若妻は見た!
妖艶な人妻の隠された秘密とは?
死んだはずの夫と彼女に忍び寄る怪しい人影!
悪夢の婚旅行の行く先は無限の滝壺!!〜」

という感じでしょうか。(書いてて恥ずかしいわ!)
続きを読む >>
| DVD | 16:25 | comments(0) | trackbacks(0)
笑の大学
笑の大学 スペシャル・エディション
笑の大学 スペシャル・エディション

実はこの間記事にも書いた「トニー滝谷」を観た翌日に観たのだった。
たまたま、2本一緒に借りてきたのだけれど、見事に対照的な二本の映画であった。
「トニー滝谷」およそ映画的でない方法で、実に独創的且つ、映画的な映像作品を創りあげたのに対して、この「笑の大学」は密室での二人劇という、およそ映画とはかけ離れた演劇的題材を、いかに映画の体裁に直せるか、そのことに工夫を凝らし、結果として元のお芝居にはあったはずであろう演劇的リズムを失い、しかも、映画としても決して大成功したとはいえない作品にはなってしまったように思う。
続きを読む >>
| DVD | 13:27 | comments(0) | trackbacks(1)
「トニー滝谷」
村上春樹の、もうずいぶん前に書かれた短編小説の映画化。
やはり一番興味を惹かれたのは、村上春樹が原作も使用を許可したこと。
「風の歌を聴け」ですっかり懲りたもんだと思ってたのだが(笑
トニー滝谷 プレミアム・エディション
トニー滝谷 プレミアム・エディション

出来上がった作品は原作に忠実(いろんな意味で)にもかかわらず、紛うことなき市川準の世界でもあり、何よりも一本の映画なのでした。
続きを読む >>
| DVD | 21:42 | comments(0) | trackbacks(0)
「ウエストサイドストーリー」と「サウンドオブミュージック」
昨日、ミュージカル映画の話題をエントリしたら、今朝になってこのニュースを知りました。

ロバート・ワイズ監督が死去

日本でも最も人気の高い二大ミュージカル映画を両方とも監督されてる方です。

故人を偲んで今日はこの二大ミュージカル映画の話を。

ウエスト・サイド物語
ウエスト・サイド物語
サウンド・オブ・ミュージック プレミアム・エディション
サウンド・オブ・ミュージック プレミアム・エディション


続きを読む >>
| DVD | 13:06 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
GALAXY
GALAXY (JUGEMレビュー »)
クレイジーケンバンド, FIRE BALL, PAPA B
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS