夏庵`s nest

nest [nest]
1(鳥, 虫, 魚, 小動物の)巣, 巣穴.
2居心地のいい場所, 休み場所, 隠れ場所, 避難所.

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
記号と現実
評価:
桐野 夏生
集英社
¥ 500
(2006-02-17)
桐野夏生という人の小説は、今まで気になりながらも敬して遠ざけるというか、なんとなく手に取り難たいタイプの本であった。
なんだか、いかにも面白そう過ぎる気がするのね。
テーマの選び方があざといというか、なんか週刊誌の見出し的なね、解かりやすさがあるじゃないですか。
実はこの本が僕の桐野氏、初体験本なわけなんですが。
母親を金属バット(!)で殴り殺した男子高校生と、彼に関わり、その逃亡を助けてしまう4人の女子高生、彼女らの隠された心の闇がそれぞれの独白形式で事件を通じて語られるって、さ。なんかこー、いかにもな感じだよなー。
また人物の設定がいかにも記号的というか。意外なようで割りとありがちな現代女子高校生像。そして物語の展開も、つまりは常にその状況において一番ありえない選択を登場人物たちにさせるという、意外性という解かりやすさ、そして話もまあ、こうならざるえないわな、という展開になり、さらにもうひとつ落ちが着くわけだけだが。
最後の主人公の友人の手紙は正直何のことやらという感じなんだけど、最後主人公の独白には、この本のタイトルが「リアルワールド」である意味、つまり現実を模したフィクションが、まったくの虚構世界でありながら幾許かの真実にたどり着く成果は感じられた、と思う。
例えば、週刊誌の記事がそれが真実を基にしたノンフィクションであっても、その言葉だけで「アーなるほどねー」と納得できるような記号の抽出のみにこだわってまるで現実を伝えないないのとまるで逆の道筋というのかな。そこにやはり物語としての、小説としての力というものは確かにあるわけで。
で、結局その現実にいたるのは、物語の間中まるっきりなにしたんだろうというぐらい描かれてなかった、周りの大人たち、事件を捜査する警察やら、少女たちの親やら、殺された母親の夫やらの描写が最終章にあり、そうした記号さえ与えられないリアルに生きている人々の世界へ、自分も加わるのだという少女の決意が、だから、確かな手ごたえのあるもののように、僕は感じたのだけど、これって別にネタバレにはなんないよね?
| book | 02:18 | comments(2) | trackbacks(105)
夏の終わり方
 とにかく、出て来る登場人物がひとり残らず、「いけ好かない」やつらばかりなので、一体何のためにこんな本を読まなきゃいけないんだと思ったのが,今から25年も前の話なんだもんなぁ、といまさらに思い知ると溜息が出る。
 なぜ「偉大なるギャツビー」を読もうと思ったかといえば、村上春樹が褒めていたからに決まっていて、その頃に僕は村上さんの「初期三部作」に夢中で、その憧れの小説家がその作品を評して「この小説が無ければ、今の自分が小説を書いていたかどうかわからない」と、当時(25年前、溜息。)から仰ってたわけで、ならばあるいは自分にもそうした天啓が訪れるのでは、という17歳の少年らしい純粋無垢なスケベ心で、大いに期待して読み始めたが、なんだか妙に堅苦しく大げさな文章だな、という風に僕は感じたのだけれども、訳者は野崎孝氏だったと思う、「ライ麦畑」もこの人の役で読んだんだな、まあ、なにかそのホンの雰囲気を出すために独特の工夫をする人なんだなと今にしてみれば思いますがね、そう、そんな格調高い(様なふりをした)文章にもかかわらず、そこに書かれているのは、上流階級というにはあまりに俗物的な、それでもお金だけはあるらしい鼻持ちならない連中の暇つぶしの乱痴気騒ぎが延々と続くばかりで、そうした風俗描写に関してはですね、当時の日本の世相もですね、まだ恐らくはバブルなどという言葉は無いにしろ、かなり浮かれまくった時代でありまして、例えば普通の若い子向けのファッション雑誌でもそうしたアメリカ東海岸的な似非スノッブ的ライフスタイル(?!)を推奨するような記事があったりして、そうした記事にもやはり「ギャッツビー」は必読テキスト的に紹介されてたようにも思うが、私のようなごく普通のチューリュー家庭に育ったもののややひねくれた文科系男子としては、そうした世界にあこがれたり、いつか自分もそうなりたいというような子供らしい野望をいだくよりも、単純に「けっ、お高くとまりやがって」という純プロレタリアート的な反発心のほうが強く、それでまあ、さほど長い小説でないにもかかわらず、とにかく読み終えるのに相当苦労した覚えがある。というか、多分途中で読むのやめちゃったんじゃなかったかしらん、とさえ思ってた。
 今回改めて読み直してみると、それは当の村上さん自らによる待望の新訳版ということだからなわけで、当然ね、なるほどこんな結末だったな、そういえば、と、当時もそれなりに読み終えていたんだなと再認識し、で改めて読み終えての感想といえば、なるほど俺も歳をとったなぁということだったりするわけだ。


グレート・ギャツビー
グレート・ギャツビー
村上春樹,スコット フィッツジェラルド
続きを読む >>
| book | 10:12 | comments(1) | trackbacks(98)
男には向かない職業(男の子ならさにあらず)
職場の近くに港区の図書館があるので、最近利用するようになった。
とにかく通勤の間の暇つぶし、これを購う書籍の類の費用が、いや、なかなかバカにならなくて。
せっかくそういう、暇つぶしなんていってる時間があるのだから、じっくりと長編小説でも読めばいいのだけど、なんかそんな気にはなれないんだな。
出来ることなら片道一時間とちょいと、その間で読み切れてしまうようなものがいい。
例えば週間の漫画誌一冊。あるいはコンビニで売ってる、漫画のさ、再編集した廉価判みたいのあるでしょ。あんなのとか、なんとなく買ってしまう。あと一冊200ページぐらいの文庫本。小説じゃなくて、エッセイみたいなすぐ読めて、あとを引かない内容がいい。
そんなのを毎日のように買ってたら、一冊は¥500以下でも、結構な出費ですよ。
だもんで図書館。
そーゆー肩のこらないモンでいいから、なんかないかしらといろいろ物色していて、やっぱり図書館だと書店とはまただいぶ違う発見があって面白いわけなんだけど。
例えばこんなのを借りてみる。

甘茶日記
甘茶日記
中野 翠

あと、こんなのとか。

西へ行く者は西へ進む
西へ行く者は西へ進む
えのきど いちろう



僕がまだ学生のころに、この人たちのコラムをかなり熱心に読んでたような気がする。
 今は二人ともそれほど人気のある文筆家とはいえないんだろうな。
 書店ではあまり見かけない名前になってしまった。
 中野さんはそれでも落語の本とか、明治の小説家の話とか、なんかあまり売れそうにない本をそこそこ出してるけど、えのきどさんはどっちかっつーとラジオでしゃべる人になっちゃったものね、まあ、そのラジオのほうもいまも続けてらっしゃるのかわからないけど。



続きを読む >>
| book | 01:53 | comments(0) | trackbacks(104)
この2ヶ月(3ヵ月?)ぐらいで読んだと思う本や漫画。(続)
復活宣言して、このあと続きますなんて書いてそれから、あっという間に2週間て...
続きを読む >>
| book | 13:32 | comments(2) | trackbacks(1)
今夜も落語で眠りたい/中野翠
現代において落語を楽しむ最良の手段は、CD、もしくはipod,であると言い切ってしまおう。

今夜も落語で眠りたい
今夜も落語で眠りたい
中野 翠

CDで落語を楽しむための(今のところ)最良のガイドブックじゃないかな。
続きを読む >>
| book | 13:01 | comments(0) | trackbacks(0)
空中ブランコ / 奥田英郎
 伊良部シリーズ、新作も出たんですよね。すごく売れてるみたい。
 人気あるんだなぁ。
 図書館でなかなかタイミングが合わなくて借りれなかった前作のほうを読んでみました。遅ッ!


空中ブランコ
空中ブランコ
奥田 英朗

 うん面白い、前作よりもこっちのほうが良いと思います。
 でも、なんかちょっと気になるんだよな。
続きを読む >>
| book | 12:35 | comments(0) | trackbacks(91)
イン・ザ・プール / 奥田英郎
イン・ザ・プール
イン・ザ・プール
奥田 英朗


 なかなかおもしろかったのだ。
 その前に読んだ同じ作者の「東京物語」をそうとうこき下ろした割には、こちらのほうはそれなりに楽しんで読んだ。
 
続きを読む >>
| book | 13:49 | comments(0) | trackbacks(0)
石井桃子の猫
 犬が好きとか、猫が好きとか言うのが世間にはあって、僕はずっと、どちらでもない、寧ろ犬好きかな?と思っていたのだけど、いずれにしろただそれが小さな生き物だからといって無条件にそれが好きなるなんてことはないはないなぁーという人間だろうと思っていたのですが、猫を飼いはじめて十年以上もたつともちろんそんな冷たいことをいえるわけもないわけで、今では街でも猫さえ見かければ屈んで手のひらを上に向けてオイデオイデしながら、舌で音を出して何とか気を引こうとするごく普通の猫好きになってしまったわけです。

 だから子供のころには確かに読んだ記憶がある石井桃子の「山のトムさん」なんていうのはもちろん猫好きの自分である今に読んだほうが百倍も面白くて、なんだか終いには読みながらじんわりと目に涙まで浮かべて読んでしまう有様だったりする、四十の男が。

 戦後の貧しい時期に山間部の農村に移り住み、しかも大人の男性のいない女手だけの開墾生活というものの苦労というのは並大抵でないだろうと思うのは、今ならば、行間のそこかしこに滲んでくるものを充分に感じ取れるけど、この児童小説はその主たる読者層である子供には微塵もそんなことは感じさせない、寧ろその生活に憧れさえ感じさせる筆致で、田舎での人間らしい、あるいは猫らしい本来の生活とはこういうものであるのだと、ちゃんとそのことは理解させえる物語になってるのである。
 主人公は鼠を捕るために、家族全員猫嫌いであるのに、仕方なくもらわれてきたトムさんという猫で、やがてネズミ捕りの成果ゆえでなく、何よりそれが、ただ猫らしい猫であるというその理由のみで家族全員に愛され、家族の山の生活にどうしても欠くことのできない仲間になっていく様子は、僕が猫が好きであるということのすべてがそこに書いてあるとしか言いようがない気さえする。
 図書館で借りて、返してしまったので、引用することが出来ないのが残念だけど、トムさんの仕草やその時々の鳴き声や、これはやはり大人のちゃんとした猫好きなら読んで御覧なさいよ、ねえ、そうだよねえ、こんななんだよなあ、猫って、としかいえないのだな。

 一緒に収められてる「べんけいとおとみさん」というのは子供と飼い猫と飼い犬がそれぞれ普通に人間の言葉で話し合いながら進む物語で、さらに小さな子供向けなのだけど、そんな設定でありながら猫は猫らしく、犬は犬らしく、そして子供は子供らしく、それゆえになんともいえずおかしいというユーモア小説。思わず笑ってしまい、であまりの愛らしさにやっぱりなんだか泣けてしまいそうになってしまうのは、なんだかもうこれらは今の日本では失われてしまった物語のような気がするからだろうか。

 だから本当に言いたいのはそれらの物語が語られる日本語のなんとも美しいことで、今だからこそ、石井桃子氏の本というの万人に(猫好きに限らず)読まれるべき素晴らしい本当の読み物なのだと思うのです。


石井桃子集 (2)
石井桃子集 (2)
石井 桃子
| book | 06:37 | comments(1) | trackbacks(1)
板谷バカ三代 /  ゲッツ板谷
もうそれから2週間も経ってしまったのだけど、このページにもたびたびコメントを寄せてくれたりする、ヤノケン(aka.師匠)、riwasaki君、キムラクン(女性です)、あとサエキクン、ハヤシクンなどと飲み会の催しがあったのですよ。
いづれも、小学校のときの友達で、ヤノケンが以前に同窓会で再開したのをきっかけに改めて付き合いが始まり、そのヤノケンの引き合わせで僕もお仲間に加われるようになったと。
で、ヤノケンは現在ダラス在住でたまに日本に帰ってくるときにはそらせてくれて、そのときは飲もうかと。そんな感じで集まって。

ま、それはともかく。

そのときキムラクンからいただいた文庫本、以前にも「元気が出るよ」と薦められた(こちらのコメントで)「板谷バカ三代」なのでありました。


板谷バカ三代
板谷バカ三代
ゲッツ板谷, 西原 理恵子


面白い、面白すぎる!
続きを読む >>
| book | 20:10 | comments(2) | trackbacks(0)
東京観音 / 荒木 経惟, 杉浦 日向子
東京観音
東京観音
荒木 経惟, 杉浦 日向子


荒木経惟, 杉浦日向子の東京の観音様をめぐる旅。

続きを読む >>
| book | 18:59 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
GALAXY
GALAXY (JUGEMレビュー »)
クレイジーケンバンド, FIRE BALL, PAPA B
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS