夏庵`s nest

nest [nest]
1(鳥, 虫, 魚, 小動物の)巣, 巣穴.
2居心地のいい場所, 休み場所, 隠れ場所, 避難所.

<< 10/11(火) 今日のご飯 | main | 王様と私 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
School Of Rock
もう1年前ぐらいにDVDが出てて、音楽関係のブログでもさんざん話題になってた作品なので、いまさら感は強いんですけど。
昨日、初めて観ました。

スクール・オブ・ロック スペシャル・コレクターズ・エディション
スクール・オブ・ロック スペシャル・コレクターズ・エディション

いやー笑った笑った。しかも最後のほうちょっと泣いちゃったかもしれん。
ホント、お決まりのパターンなんだけどね。
意外とこういうのに弱いんだよね、ボク。
百万遍もやりつくされた物語なのに、これだけ面白いのは何より主演のジャックブラックの芸、これに尽きますね。
もちろんロック好きには、なつかしの名曲のオンパレードもうれしいけど、あるある系のネタがやっぱ笑える。
同じようなネタ満載だった「ウェインズワールド」がいまいち笑えなかったのに、こっちではこれだけ面白いということは、やっぱりジャックブラックの演技力というか芸の力なのかなと思う。
ちなみに智さんも一緒に観てたんだけど、最初はいやいや(デブでアクの強い主人公は智サンの一番嫌いなキャラだ)、途中から爆笑、最後は「バンドやりてぇー!!」とシャウトしてたから、かなり気に入ったみたい。
智さんは昔のハードロックなんてぜーんぜーん知らない。それでもこれだけ面白がってたんだから、ロックに特に興味のない人でもぜんぜんOKということですね。
もちろんROCK好きはもうとっくに観てるはず、今まで観てなかったのがちょっと悔しい!ぐらいの映画でした。


| DVD | 20:59 | comments(7) | trackbacks(2)
スポンサーサイト
| - | 20:59 | - | -
コメント
『スクール・オブ・ロック』最高ですよね。ロック命の小中学生だった私としては、こんな先生に出会いたかったとマジで泣き笑いいたしました。
『ウェインズ・ワールド』はねえ、公開当時にに配給会社の小さな試写室で観たんですが、私以外の観客が全部役職付きのお偉いさんみたいな老年オジサンばかり。ロックネタなギャグ(“天国への階段”禁止と書いてあるギター屋とか)にピクリとも反応しないの(笑)。一人でクックックと忍び笑いして腹筋痛くなったのを思い出します。
ロック映画といえば、『あの頃ペニー・レインと』も是非観てもらいたいなあ。個人的にちょっとうらやましいというか、何で俺は1973年のアメリカで15歳じゃなかったんだろうと神様を恨みましたわ;-P。
| riwasaki | 2005/10/12 11:36 PM |
この映画はホント面白かったですよね〜
お約束のパターンなんですが、やっぱり
ホロッとするんですよ(笑)
「ウェインズ・ワールド」は確かに
私も観ていて消化不良でした。
「サタデー・ナイト・ライヴ」関連の作品は
初期のほうが面白いですね。
| ジャックスケリントン | 2005/10/13 11:57 AM |
>riwasakiくん
「あの頃ペニーレインと」
…大好きな映画です。っていうか、ちょっと冷静に語れないくらい好きかもしんない。

普通に言えば、よく出来た青春映画の佳作ぐらいの評価なんでしょうけど。そんな風には思えない何かがあるんだな。
それはriwasakiクンとも共有できる部分もあるだろうし、すごくもっと個人的な部分で大事にしておきたい部分もありというか、なんていうかいろんな思いが湧き出てくる映画なんだよな。

楽器の出来ない文科系ポップマニアには、なんていうか...たまんない映画ですよね。

なにか機会があれば感想を書いてみたいと思います。
とりあえず、近いうちにもう一度見直そうかな。
| 夏庵 | 2005/10/13 10:00 PM |
>ジャックスケリントンさん
昔のサタデーナイトライブは僕もホント好きで、それこそ20年前ぐらいはアメリカンバカコメディーのマニアでした。
「ウエィンズ・ワールド」も「オースティン・パワーズ」も面白いんだけど、そんな夢中になれないんだよな。
最近の日本のお笑いとかもぜんぜんわかんないし。
これが年を取ったということなんでしょうかねぇ。

サタデーナイトライブって今でも放映してるんですよね。
誰が出てんだろ。
| 夏庵 | 2005/10/13 10:32 PM |
サタデーナイトライブ、今でもやってます。人気番組だと思います。
でも出てる人はよく知りません。すいません。もともと私がうとい上に、たぶん、これからスターになるような人が出てるのでしょう。
時々ゲストのホストとして、私でも知ってるような超有名人が出ますが、わざわざ自虐ネタやったりするのが、ちょっとわざとらしい感じがします。
同じ土曜の夜に別の局で、Mad TVというのがあるのですが、こちらはもっとストレートにアホなことやってます。下品なので、私の妻はそれほど好きでないそうですが、私はMad TVを初めて見たとき感動さえ覚えました。
| ヤノケン | 2005/10/14 1:56 PM |
『スクール・オブ・ロック』、私は未見なのですが、妻が絶賛してました。『あの頃ペニー・レインと』と共に、近々いっときたいと思います。

おととい、『Hedwig and the Angryinch』てのを見ました。私は全然知らなかったのですが、けっこう有名な映画だそうですね。これは、笑えて泣けてタイプではないですが、とても良かったです。
| ヤノケン | 2005/10/14 2:20 PM |
>ヤノケン
サタデーナイトライブってちゃんと見ると意外と面白くなんだよね。ゲストも一緒のコントとか、かなり寒いんだけど。
でもゲストのライブとか、レギュラーメンバーのルーティンコントとかでやっぱこれ日本にはないなぁーっていう独特な味わいがあるんだよな。

「ヘドウィグ アンド アグリーインチ」は日本では確か浜崎あゆみが絶賛してたような気がする(笑。
でも、面白そうだったし、今度ぜひ観た観ようと思います。
| 夏庵 | 2005/10/14 9:13 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://gure720.jugem.cc/trackback/333
トラックバック
スクール・オブ・ロック
ジャック・ブラックの豪快なキャラで爆笑させるだけでなく、案外ロックも楽しめる。 2003年 アメリカ コメディ ファミリー 音楽 2005年10月15日 TV(WOWOW) 監督 リチャード・リンクレイター 出演 ジャック・ブラック ジョーン・キューザック デューイ・フィン
| ももママの心のblog | 2005/10/16 8:23 AM |
「スクール・オブ・ロック」 大きな声で気持ちをシャウト!シャウト!シャウト!
「ナチョ・リブレ」の記事をエントリーしたときに「スクール・オブ・ロック」を未見だ
| はらやんの映画徒然草 | 2007/01/09 8:31 PM |
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
GALAXY
GALAXY (JUGEMレビュー »)
クレイジーケンバンド, FIRE BALL, PAPA B
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS