夏庵`s nest

nest [nest]
1(鳥, 虫, 魚, 小動物の)巣, 巣穴.
2居心地のいい場所, 休み場所, 隠れ場所, 避難所.

<< 10/18(火) 大江戸温泉物語 | main | 10/19(水) お台場から浅草へ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
百日紅 杉浦日向子
お風呂って黙って長い時間浸かってるのって苦痛じゃないですか。
かといってカラスの行水じゃ、体は温まんないし。
だもんで僕は家のお風呂でももっぱら半身浴で文庫本を持ち込み、専ら読書の時間にしちゃってるんですね、お風呂はいるときは。
まああんまり行儀の良いことではないなとは思ってるんですが、もう半ば習慣になっちゃてるもんで、温泉とかそういうとこでもつい本を持ち込んでしまう。
まあ、貧乏性なんですねぇ。
で、今回「大江戸温泉」に持ち込んで読んでたのは文庫の漫画なんですけど。
百日紅 (下)
百日紅 (下)
杉浦 日向子

まあ、はまりすぎといえばはまりすぎですね。
杉浦氏の漫画ではやはり「百物語」がベストだと思ってるのですが、好き嫌いで言えばこちらのほうが好きかも知れない。
北斎とその娘、お栄、弟子で居候の若き英泉を中心にその周りの人間との人物模様を描いた短編連作集です。
とはいえ単なる長屋人情話の類ではなく、非常にバラエティに富んだ内容で江戸の風俗を描き出しています。
男女の話、郭話、当時の芸術サロンの話、親子の情愛、そしてこの下巻のほうでは「百物語」に通じる怪談系の話も多くなっています。
上下巻通して読んでもらうのはもちろんですけど、特にこの下巻は人物の心理と情景の描写がよりエッヂが鋭くなって、深みを増してるような気がします。
各辺とも短い話で完結していて、絵もご存知のようにシンプルな描線なのですが、空間の多い1コマに、あるいはコマとコマとの間に、引きずり込まれそうな深みを感じる。

おりしも来週から国立博物館で「北斎展」も開かれる。
そちらに行かれる方にもこれはサブテキストとして非常に面白いのじゃないかと思いますよ。
| 漫画 | 17:04 | comments(2) | trackbacks(2)
スポンサーサイト
| - | 17:04 | - | -
コメント
お風呂に文庫本持ち込む習慣って、すごい分かる!
高校生くらいの頃、「白昼の死角」を自宅風呂に持ち込み
5時間も読みふけって以来、長湯の友としているw
でも、愛蔵本は本が湿気でやられてしまうので
もっぱら古本屋で買った文庫専門かも。。。

杉浦日向子は江戸の風俗について
生き生きと描くことのできる作家でしたね。
絵柄も好きだったので、亡くなられたのが残念!
| キムラクン | 2005/10/23 11:28 PM |
何度かの引越しのたびに古本屋さんに本を引き取ってもらってたんだけど、そのたびに言われるのが「もう少し良い状態ならもう少し値がつくんですけどね。」
大概風呂場に持ち込んだりしてるから、一見なんでもなさそうなものでも見る人が見れば当然わかるらしいのね。
とはいえ、相変わらず本の扱いは良くない自分である。
それでも風呂場とトイレに持ち込む本は文庫本に限っております、最近は。

杉浦日向子さんの「百物語」は日本の漫画表現の頂点のひとつだと思ってるのです。大傑作。
| 夏庵 | 2005/10/24 2:27 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://gure720.jugem.cc/trackback/348
トラックバック
「百日紅」作品解説(22)
北斎が娘のお栄の書いた地獄絵に書き加えて"始末をつける"という短編「鬼」。「百日紅」の中でこの作品が好きだという人が結構いる。ちくま文庫版「百日紅」の解説で夢枕獏は 北斎・中村吉右衛門。 お栄・坂東玉三郎。 善次郎・中村勘九郎。(※) で
| ヒナコ考 | 2006/02/07 1:13 PM |
『百日紅』上下 杉浦日向子
ジャンル:鬼才絵師葛飾北斎 満足度:B+ 杉浦漫画の粋と奥深い味わいが存分に楽しめる傑作。 文化十一年、江戸。 中心人物は三人。台詞は「其の一 番町の生首」より引用。 葛飾北斎、五十三。江戸の人気を二分する絵師。掃除嫌い。 (身投げ未遂の男に対して) 「
| びじょびじょん | 2006/04/03 11:43 PM |
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
GALAXY
GALAXY (JUGEMレビュー »)
クレイジーケンバンド, FIRE BALL, PAPA B
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS