夏庵`s nest

nest [nest]
1(鳥, 虫, 魚, 小動物の)巣, 巣穴.
2居心地のいい場所, 休み場所, 隠れ場所, 避難所.

<< 11/26(土) 今日のご飯 | main | JMB連携TB企画 第51弾/紅葉を彩るMusic! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
i-podと落語
 話の取っ掛かりから、まるっきり余談になりますが、まあ、まくらということで。
 僕はつい、i-podをi-potと間違えて表記してしまうのだけど、で、前の記事でその件をご指摘いただいてたのですが、それで元の文章を直しちゃうとそのせっかくご指摘いただいたコメントも意味がわかんなくなっちゃうし、まあ、なんかずぼらでそのまま直さないままにしちゃってたんですけどね。 アクセス解析なんかを見ていると、検索ワードの常に上位にi-potてのが、ある(笑。
 まあ、おんなじような勘違いをしてる人は世の中にはずいぶんいらっしゃるようで。多分i-podでの検索では僕のページなんてものすごく下位でしか引っかかってこないのでしょうが、i-pot nanoでyahooで検索すると5番目ぐらいに出てきちゃうので(笑、それなりに来客カウントアップの一助にもなるかとそのままにしてたりもする。
でもさすがに、新しい記事で間違えたままというわけにもいかないので、ちゃんとi-podでいきますけどね(笑。

閑話休題

 「ほぼ日刊イトイ新聞」で、糸井さんと立川志の輔師が対談をしていて、要は前回春風亭昇太師でやった、落語イベントを今度は志の輔師でやろうということらしいのですね。
 その話の中で、志の輔師の落語をitmsで販売したいね、というのがあくまでまだ企画段階の話として出ているのです。
 で、この件に関して糸井氏と事務所のスタッフが一所懸命その意義というか、そのことによって実際どのようになるのか、から、マーケティング的な効用から、これからの落語がどう聞かれるべきか、はてはちょっとしたメディア論的なところまで、熱心に志の輔師にお話しているのですが、まずそうしたソフトのネット上での流通というものに対してまるで知識がないだろうところに、そもそもあまりそうした落語の新しい展開みたいなことに関してさほど興味がないのか、対談というかたちでありながら、ほとんど「はぁ」とか「へぇえ」とかしかいってないのが志の輔師が面白い。
 「ほぼ日」には,i-podの使い方に関するコンテンツもあったりして、そこでもi-podで落語を聴くというのは随分推奨していた。で、実際i-podで落語というのはこれはいいんだよなぁ。

 月に何度か、立川の職安に行くんですけど、帰りは小金井まで歩いて帰って来たりするのね。線路沿いにただ帰るんじゃなく、少し遠回りしてかえると、まあ、東京でもだいぶ郊外ですからなかなか楽しめる風景があるんですよ。
 2時間半ぐらいかけて家まで帰るのだけど、音楽でもいいのだけど、このi-podで落語を聴きながらだと実にあっという間に退屈せずに歩けるのだな。
 武蔵野の雑木林の脇の用水沿いに歩いてたりすると、江戸のころなら街中だってこれといくらも変わらない風景だろうか、などと思いながら、落語を聴き、歩いていくのはなかなかオツナもんだ。
 ただ、ipodで落語を聴くときに気をつけなきゃいけないのは周りの人間の視線です。やっぱ、つい、ニヤついちゃうんですよ。端から見たらそうとういかれた感じですよ、絶対。
 だから、電車で落語は結構ヤバイ。散歩中も街中の往来は無理。
 家でね、スピーカーに向かってじっくり落語を聴くというのは意外と手持ち無沙汰なんだよな。音楽みたいになんかしながらのBGMにも向かないし。
 やはり移動中が一番いいのだけど。そういう意味じゃカーステレオで聴くのはもってこいでしょうな。

 今のところ、itmsの落語も志ん生、文楽に限られてしまってるようで、これはこれで素晴らしいのだけど、やはり現在の落語家の音源ももっとたくさん入れてほしいと思う。あと値段設定の問題と。
 そういえば志らく師が自身のブログで、自身の落語が今度itmsで販売される旨を書いてたと思うのだけど、未だ見かけない。別のダウンロードサイトだったのかな?
 志らく師はビッグローブのサイトでシネマ落語を映像配信してますよね。視聴期間限定で一本いくらみたいな形で。これは面白いよ。会員の方は是非。
 あと、落語協会のサイトでも、所属の落語家さんの噺を無料で映像配信しててこれは結構お得というか面白い。
 こういう試みがもっと多くなるといいですねぇ。

志の輔らくごのごらく(2)「へっつい幽霊」「雛鍔」
志の輔らくごのごらく(2)「へっつい幽霊」「雛鍔」

 志の輔師はやはり「初めての落語」という意味ではとてもおすすめできる落語家さんなのだろうな。
 古典を、きっちりやってくれて、しかも現代の聴衆に聴いてもらってちゃんと理解して笑ってもらおうという気遣いをすごくしてる人なんだろうと思う。
 この「へっつい幽霊」とか「雛鍔」でもすごくそういうところに気をつけた演出をしていて、結局それでお客さんをぐっと惹きつける舞台の良さになっているのですね。
 だってさ、わかんないもん普通、へっついなんていっても。だからといって、あんまりそういうとこで言葉の説明ばかり真面目にしてても落語そのものの興趣を削いじゃうしっていう、そのへんの間ね。
 やっぱり、上手いし人気のある落語家っていうのはわかるなぁ。
| 落語 | 11:27 | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 11:27 | - | -
コメント
ちなみにもっとうるさい指摘をしちゃうと、"iPod"なのです。アップルコンピュータの製品群の場合、iとPの間にハイフンは入らないのです。判ればいいじゃねえかそんなこととみんな思うだろうけど、広告がらみの記事やなんかでは企業名・製品名は嫌になるくらいチェックされるので気になっちゃう。ライター時代は神経使いましたよ。有名どころでは"キヤノン"とかね。"キャノン"じゃあ一発で訂正入ります(笑)。
最近自転車によく乗るので、たまに多摩湖自転車道を延々と下ったりするんですが、奥に行けば行くほど味のある風景が多くなりますよね。晴れてると夕陽が異常に綺麗でさ。
ただ自転車の場合イヤホン/ヘッドホンしながらだと危険なんで、せいぜいモノラルのイヤホンでラジオ聴きながら走るくらいかな。意識的に自転車乗るようになると分かるけど、ヤバイ歩行者やママチャリがものすごい多いんすよ。それを避けるので神経遣ってしまいます。
本題に全然反応できなくてすいません;-P。
| riwasaki | 2005/11/28 10:08 PM |
>riwasakiくん
わはは、また間違えてましたか。 iPodもそうだけど「キャノン」が「キヤノン」だというのも知らなかったなあ。これからも是非何かありましたら、是非ご指摘お願いします(笑。...
僕も荻窪のお店には自転車で通勤してたりしました。
でも、ヘッドホンしたまま、自転車乗ってた(笑。
確かに危ないんだけどね。
特におばさんの自転車、絶対自分では止まろうとしないんだよねぇ。ぶつかるとわかってるところで突っ込んできますからねぇ。
多摩湖自転車道はまだ行ったことないんですよ。
まだ紅葉がきれいなうちに一度言ってみようかな。

| 夏庵 | 2005/11/29 6:12 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://gure720.jugem.cc/trackback/431
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
GALAXY
GALAXY (JUGEMレビュー »)
クレイジーケンバンド, FIRE BALL, PAPA B
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS