夏庵`s nest

nest [nest]
1(鳥, 虫, 魚, 小動物の)巣, 巣穴.
2居心地のいい場所, 休み場所, 隠れ場所, 避難所.

<< i-podと落語 | main | CKB Live @ 日本武道館  >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
JMB連携TB企画 第51弾/紅葉を彩るMusic!


ここのところずっと良いお天気で、ぽかぽかの小春日和。
 紅葉を観にいくには絶好になってきましたね。いつものお散歩コースの野川公園も最近は人でも多いようです。もう12月になろうというのに昼間なら上着なしでも平気な陽気ですからね。













さて、JMさんより恒例JMB連携TB企画のお題が出ました。
今回は「紅葉を彩るMusic!」とまさに旬のネタ。
不肖、私も今回も参加させて頂こうと思います。
Harvest
Harvest


Borderline
Borderline



HOSONO HOUSE
HOSONO HOUSE

今の季節に合う音楽というと、大地の実り、それに紅葉の彩のあでやかさにふさわしい豊穣な音楽性と、これから向かう冬の季節も少し感じさせるような、何かわびしさ、寂しさも持ち合わせた孤高のアーチストの作品こそふさわしいような気がします。で、やはり音的にはアメリカンルーツミュージックな感じが似合うようなきがするな。

ニール・ヤングの作品で、「ハーベスト」は、収録されている彼の代表的な名曲「ハート・オブ・ゴールド」も含め、まさに今の季節にぴったりではないでしょうか。


ライ・クーダーは80年代に入ってからの作品で、それまでの各アルバムごとにスタイルを変えて、ルーツミュージックの掘り起こし作業に意欲的に取り組んできた彼にしては少し力の抜けたいい意味でゆるい作品。
でも、その分大人の余裕と彼の音楽の奥行きの深さが感じられる作品なのではないかと思います。

細野晴臣のハッピーエンド解散後初のソロアルバムは、非常にカントリー志向の強いアーシーな手触りの作品です。実際に狭山の米軍ハウスでの田舎暮らしの中で宅録で製作されたこのアルバムは詩の内容も非常に私小説的な味わいで、また、今の時期に聞いてすごく言葉が沁みてくる歌が多いです。
「僕は一寸」「終わりの季節」「冬越え」等。
是非聞いてみてもらいたいなぁ。




| music | 22:33 | comments(10) | trackbacks(12)
スポンサーサイト
| - | 22:33 | - | -
コメント
こんばんは。TBありがとうございました。夏庵さんのピックアップを読んで、僕も久しぶりにHOSONO HOUSEを聴いています。今の季節に聴くと沁みますね。これこそ秋の作品かもしれませんね。
| k | 2005/11/29 11:58 PM |
こんにちはー
ハーベストは私も大好きなアルバムです。
ニールヤングの声がこの季節にピッタリですね。

私も今回ライ・クーダがらみのアルバムを
一枚ピックアップしました♪

細野さんのベース好きです。
| ジャックスケリントン | 2005/11/30 12:33 AM |
夏庵さん、TBありがとうございます。
紅葉にアメリカンルーツミュージックは合いそうですね。
3枚とも聴いた事はなかったのですが、なんとなくニュアンスは判ります。
大人のためのロックって感じでしょうか:)

| JM | 2005/11/30 1:06 AM |
>kさん
そうなんですよ、今ぐらいの時期に「HOSONO HOUSE」はしみじみとよいんですね。
また最近良く聴くようになってきました。
特に小金井あたりで侘び住まいをしていると、しみてくるんだなぁ(笑。
住所不定ではありませんが、無職、低収入だし。

>ジャックスケリントンさん
こんにちは、いつもありがとうございます。
ライクーダーはケルト・ミュージックにも手を広げてるんですね(笑。
でもこれだけいろいろな音楽のスタイルにのめりこみながらそれでもやっぱりライクーダーの音楽、になってるのはすごいことですよね。

>JMさん
昔からこういう傾向の音楽は好きだったのですが、この年になると特に感ずるものが多くなってくるというか(笑。
エヴァーグリーンな輝きもあり、また聴く年齢によって少しづつその彩りというかニュアンスを変えていく、紅葉のような音楽でもあり、といったところなのでしょうか。
| 夏庵 | 2005/11/30 8:54 AM |
夏庵さん、こんばんは。
コメントとTBありがとうございました。
もみじ饅頭は堪能されましたか?

夏庵さんのセレクト、「細野」に反応してしまいました。
夏は大瀧、秋は細野。
そんな感じでしょうか。
Harry&Macなども聴いたりするんですが、
ラフな感じですよね。ゆったりした秋にはふさわしいのかも。
はっぴいえんど世代でも、YMO世代でもないので、
そのあたりは今後の課題としたいと思っております。
またご教授くださいませ。
では。
(「教授」は、イマイチ、ピンときません…(笑)
| ne_san | 2005/11/30 11:08 PM |
こんにちは。コメントいただきありがとうございました。

わたくしニール・ヤングを敬愛し・・・ているはずだったのですが、これは頭に浮かびませんでした。反省です。
1989年に来日したとき、今はなき「ニュースステーション」の「金曜コンサート」のコーナーに登場し、「ハート・オヴ・ゴールド」を歌っていたのを憶えています。
たぶん来日公演の録画だったと思うのですが、そこから本格的に聴き始めました。

細野晴臣と秋、というのは目から鱗ですね。たしかにはっぴいえんどから、このホソノハウスのころはまさにそんな感じします。
そう思うと、秋の音ってどんどん出てきそうですね!
| shosen | 2005/11/30 11:43 PM |
はじめまして。
TBさせていただきました。

素晴らしいセレクトですね。
特に「Hervest」、ニールヤングの歌声は哀愁ありますよね

「HOSONO HOUSE」もしみじみといい感じですし。
| yssy | 2005/12/01 1:52 AM |
>ne san
もみじ饅頭、堪能しました(笑。
コンビニで売ってるパチもんですけどね。でも美味かったぁ。

意外と皆さん細野さん好きなんですね。うれしいなぁ。
僕は意識的に音楽を聴き始めたのがYMOからというもろにYMOチルドレン(笑)な世代なんですけど、細野ファンは少数派だったんですよね。

「トロピカルダンディ」「泰安洋行」あたりは夏物でもいけますゼ。

>shosenさん
そう、そして「はっぴいえんど」時代からここら辺のころは
秋冬ものといった感じでしょうか。
で、ここら辺の音は二ールヤングに通じる感じですよね。
実際細野さんも「バッファロースプリングフィールド」の影響で「はっぴえんど」を結成したと、いってたように思います。

僕もニールヤングは割と最近になって本格的に聴くようになったのです。
きっかけは「イヤー・オブ・ザ・ホース」というライブのドキュメンタリー映画を深夜のTVか、なんかでたまたま見て、それで、すごいかっこ悪くてカッコイイくそ親父だなぁ、と感動してからなのです。
それまでは彼のハイトーンボイスって一寸苦手だったんですけど(笑。


>yssyさん
はじめまして、コメント&TBありがとうございます。
というわけで、この年になってやっとニールヤングの歌声の哀愁を実感できるようになった次第です(笑。今はもちろん大好き。くせになる歌声ですよね。

「HOSONO HOUSE」も意外と人気があるので、びっくりするやら、うれしいやら。やはりいつまでも古びないタイプの音楽なんですよね。


| 夏庵 | 2005/12/02 2:26 PM |
TBありがとうございました。

いや〜、紅葉の写真、いいですねえ。そのままJMBの記事を読むのを忘れそうでした(笑)。

ライ・クーダーは新譜ではまた「失われた遺産」の掘り起こしに賢明ですね。

細野さんって本当に懐が深いです。先日「メゾン・ド・ヒミコ」のサントラを買ってみたんですが、やっぱりちゃんと細野ワールド。

世界中の民族音楽を集めた「細野コレクション」は学者も一目置く価値があるそうですし、膨大な音楽的知識が凝縮されて、あの「ゆるさ」が出来ているかと思うと、一体どういう人なのかしら?って思ってしまいます(笑)。
| Dreddy | 2005/12/02 5:04 PM |
>Dreddyさん
こんばんは。
写真のほうはどーも、まだまだへたくそで、でも最近とても面白くなってきてるのでほめられるとホント、うれしいです。

もう25年前くらいに買った細野さんの「地平線の階段」という本を本ここ何日かでまた読み返してるんですけど、本当にこの人の音楽というものに対する探究心というのは一寸怖いぐらいの凄みがありますね。
ホント人物も音楽もなんとなくボヤーッとしたつかみ所のなさがあるんですけど(笑、二重三重の仕掛けが施してあってとにかく一筋縄ではいかない。そんな気がします。

「メゾン・ド・ヒミコ」は映画も良さそうでしたね。観たかったんだけど、もうさすがに終わっちゃたよなぁ。
| 夏庵 | 2005/12/03 1:03 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://gure720.jugem.cc/trackback/432
トラックバック
JMB連携TB企画 第51弾/紅葉を彩るMusic!
お世話になっているJMさんのJMB連携TB企画第51弾。今回のお題は「紅葉を彩るMusic!」。私もまた参加させて頂きました。「紅葉を眺めながら移りゆく季節感をじっくり味わう」をイメージして選んだのがこの3枚。 一枚目は何の説明もいらないビートルズの「アビイ・
| go ! go ! CD Review な〜んてな | 2005/11/29 11:12 PM |
紅葉を彩るMusic!/JMB TB企画
不肖まるめてポイ。も参加させていただいているJapanMusicBlog。 主催者JMさんのjm's myTasteで連携TB企画第48弾が発表されてます。 今回のお題は「紅葉を彩るMusic!」というコトで、以前の「
| まるめてポイ。 | 2005/11/29 11:53 PM |
JMB連携TB企画 第51弾/紅葉を彩るMusic!
秋が深まり、肌寒い日が多くなってきました。ついこないだ秋がきたと思っていたのに
| signs of dawn | 2005/11/30 12:08 AM |
紅葉を彩るMusic!/JMB連携TB企画参加
いつもお世話になっておりますJMさんのJMB連携TB企画参加記事です。 ここのと
| ふと耳にした音の数々 | 2005/11/30 1:03 AM |
JMB連携TB企画第51弾/紅葉を彩るMusic
JMさんのJMB連携TB企画第51弾/紅葉を彩るMusic!への参加です。紅葉を彩る音楽というイメージですか。僕の場合は、オーケストラ物のアルバムを選んでみました。
| 音楽日誌 | 2005/11/30 10:12 AM |
Amarantine/Enya
ほぼ毎回参加させていただいている、JMさんのJapan Music Blog TB企画。 今回は第51回目。今の季節に相応しく、「紅葉を彩るMusic!」。 紅葉の美しい季節になると、名所はどうしても観光客でごった返し、大人気の京都のお寺などでは、紅葉を見に行ったというよりも
| MUSIC♪HOLIC | 2005/11/30 11:14 AM |
JMB連携TB企画 "紅葉を彩るMusic!"
お世話になっておりますTB企画、「秋深まった風景にぴったりな音楽」ということで...
| てらブログ | 2005/11/30 10:34 PM |
秋の夕陽に照る山もみじ…紅葉の中で聴きたい三枚。お茶請けつき。(JMBTB#51)
毎度おなじみ、JMB連携TB企画 第51弾/紅葉を彩るMusic! 秋の夕陽に照る山もみじ。 私は道端の落ち葉も大好きです。 「いろんな落ち葉、木の実を集めて、コラージュをつくろう」っていう宿題?が出て、 秋の夕暮れ、母と二人、紙袋にいろんな素敵な落ち葉を拾い集
| 肩までまったり。 | 2005/11/30 11:03 PM |
JMB?TB衡51/??Music
僕の田舎は常緑樹ちゅうかみかんの木ばかりで紅葉にはあまり縁がなかったですね。 今は今で、ないのだけれども。 そんなほの暗いモノローグは置いといて、恒例のJMさんの企画に乗っからせていただきます。 今...
| yssy's Weblog | 2005/12/01 1:27 AM |
JMBTB51 紅葉を彩るMUSIC!
マイルス好きのJMさん だし、このお題はキャンボール・アダレイを出させるトラップなのかなあ、などとひねくれたことを考えてしまう俺です。なんだかおひさしぶりです。JMさんが挙げているバーキンは俺も大好きで、1曲目の「l'aquoiboniste」(アクアボン)の最初の一音
| SukuSukuPu-san | 2005/12/01 1:31 PM |
JapanMusicBlog連携TB企画・第51弾"紅葉を彩るMusic!"
紅葉が遅れているそうだ。おかしい。11月に入って「12月並み」の気温が続いていた
| Voyage To Funktasia | 2005/12/02 5:31 PM |
第百六十七夜(167) 「n The Afternoon - akiko」
ムード・インディゴ 今回も”JMさん”のナイスなTB企画”JMB連携TB企画 第51弾/紅葉を彩るMusic!”に参加させていただきます。 気が付けば11月も最後の週。今週末はもう12月です。 早いですね。歳を取るごとに一年一年が速く過ぎ去るようなそんな感覚に、そ
| LOOZZER | 2005/12/06 10:18 PM |
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
GALAXY
GALAXY (JUGEMレビュー »)
クレイジーケンバンド, FIRE BALL, PAPA B
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS