夏庵`s nest

nest [nest]
1(鳥, 虫, 魚, 小動物の)巣, 巣穴.
2居心地のいい場所, 休み場所, 隠れ場所, 避難所.

<< 縁起のいい客 / 吉村昭 | main | ごくらくちんみ / 杉浦日向子 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
ヘアカット100
大人のロックを考えるー


 CSの「MUSIC AIR」はホント貴重で面白いライブ番組をたくさんやってくれるので大変重宝しております。
 ネタ数がそんなに多くないせいか、再放送が多いのもむしろありがたい(笑)
 で、おとといは(多分何度目かの再放送だけど)なんと、なつかしや!ヘアカット100の83年のライブを放送していたのでした。
 ただし、ニックヘイワードはすでに抜けて、パーカッションのマーク・フォックスがボーカルを取っているというかなり微妙(笑)な編成ではありましたが。
 それでも!それでもですよ、かなりノリノリのライブ映像でいや、これが楽しいんですよ。すごく面白かった。

 それにしても懐かしいですな、ファンカラティーナ。当事この手のラテンフレーバーを取り入れたニューウェーブ系のバンドをそんな風に呼んでいましたよね。
 ブルー・ロンド・ア・ラ・ターク、後に発展してマット・ビアンコ、モダン・ロマンス、あと、ローマンホリデイ、ジョーボクサーズなんてのもいましたよね。
 いやお恥ずかしながら、大好きでした、この手のバンド。当事もこの手が好きだというのはかなり恥ずかしかったし、(アイドルバンド的なノリがありましたからね、なんか女の子が聞くものっていうイメージだった)今でも聴いてみるとやっぱり、なんかこー、甘酸っぱーな羞恥の心が気持ちいいやら、悪いやら。
 
 さて、ヘアカット100は、この後(だと思うな)このメンバーで2枚目のアルバムを作るが、まあ、パッとせずそのまま解散しちゃったのかな。
 やっぱり、ヘアカットといえばニック・ヘイワード!
 正直言えば、「ペリカンウエスト」もすごい好きなアルバムだったけど、その後のニック・ヘイワードのソロがすごく良かった。ジス・イズ・ポップ!!って感じで。でもそのニックもその後どうしたのかな、まだ活動してるのだろうか。



ペリカン・ウエスト

ペリカン・ウエスト
風のミラクル [+9]
風のミラクル [+9]


 にしても、「大人のロックを考える」なんてタイトルつけてシリーズみたくしてますが、単なる親父の親父の思い出話になってますな、まあ、なんとなく見えた展開ではありますが。


| music | 09:09 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 09:09 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://gure720.jugem.cc/trackback/490
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
GALAXY
GALAXY (JUGEMレビュー »)
クレイジーケンバンド, FIRE BALL, PAPA B
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS