夏庵`s nest

nest [nest]
1(鳥, 虫, 魚, 小動物の)巣, 巣穴.
2居心地のいい場所, 休み場所, 隠れ場所, 避難所.

<< 山下洋輔の言葉や音。 | main | 東京観音 / 荒木 経惟, 杉浦 日向子 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
東京物語 / 奥田英郎
 奥田英郎という人の本は読んだことがなくて、「イン・ザ・プール」とか「空中ブランコ」とかの精神科医のなんとかってのが主人公のシリーズがなんとなく面白そうだなと、図書館で借りようと思ったら、残念、貸し出し中。
 じゃあまた今度、ってのも癪なので棚に残ってたのからこんなの選んで読んでみた。
 80`sを時代背景にした青春小説、みたいな。

東京物語
東京物語
奥田 英朗

 うーん、あんまり悪口言うのもアレなんだけど、これはなんだか随分とウスッペライ話じゃないか。
 80年代ってそんな時代っしょ?っていわれりゃあ、まあその通りなのかもしれんが。
 各編が、一応その頃の風俗的な事件を背景に、そのとき僕らはなにをしてたのか?みたいな話になってて。ジョンレノンが死んだ日とか、キャンディーズが解散した日とか。
 で、何故か主人公はいつも回りの人間や事件に振り回されて、東京のあっちゃこっちゃを右往左往して、ご飯も食べれなくて腹をすかしているという設定。(ナンダそりゃ、と思うかも知れないけどホントにそうなの)
 とにかくあーそーそーその頃はそんなだったかも、という気分だけを提供するための小説という感じがしました。
 この小説の主人公自体がコピーライターという設定なのだけど、ほんとなんか気の利いたこと言ってる風のコピーライターが書いた商品コピーみたいな感じの小説。あるいは当時の歌謡曲似よくあった雰囲気だけの歌詞みたいな感じというか。
 あっという間に読んでしまいました。そんな風に読めてしまうところが価値なのかもね、嫌味じゃなしに。
 なんかよくあるじゃないですか、電車の中吊りとかに「一駅分の掌編小説」みたいなの。そんな感じが一番近いかも。とにかくさっと読んで、その雰囲気だけ伝わればしめたものっていう、そういう機能性小説。
 僕はあまりこういうのは好きじゃないなと思いました。

 さて、じゃあ、「イン・ザ・プール」のほうはどうしようかな?と思ったらなんだか文庫の今月の新刊で、もうどこでも平積みになってるんだよね。
 一作だけ読んで悪口言うのもあんまりフェアじゃないんで、一応買って読んでみます。
 そちらの感想はまた後ほど。
| book | 21:08 | comments(8) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 21:08 | - | -
コメント
奥田英朗の本は、「最悪」とエッセイ「野球の国」しか読んだことがないのですが、私も正直、この人はもういいやーって思ってました。

この「東京物語」は、図書館で借りたことがあったのですが、パラパラっと見て、結局読まずに返してしまいました。でも確か師匠は読んだはず。

「最悪」のほうは、最悪なほうへどんどん転がっていくジェットコースター小説(って言っていいのかわからないけど)で、読んでる間はおもしろかったかもしれない。でもなんだか人間の汚い部分があまりにリアルに書かれていて、ちょっとね・・・という気もしました。

「イン・ザ・プール」は、また違った感じの話みたいですね。感想楽しみにしてます。
| kmy | 2006/03/24 11:19 AM |
>kmyさん
僕も「最悪」がすごく面白いって話を聞きました。
そっちも読んでみるかなー。
あんまり面白くなかった本の悪口書いてもしょうがないなと書いてみてから反省したのですが、普段なら途中でやめにしちゃうのに、たまたま電車の中でそれを読んでて、その日は特別に電車に乗ってる時間が長かったとはいえ、その時間内に読み終えてしまった(笑)ゆえに、なんだか釈然としない気持ちが残ってしまったのですね。
師匠が読んでみてどうだったか、聞いてみます。
| 夏庵 | 2006/03/24 8:09 PM |
私の場合、「東京物語」は途中で挫折、「最悪」は完読しましたが、それなりの面白さ、という感じでした。
私が好きなのは旅エッセイの「野球の国」で、去年の8月に買ってから3回くらい読み直してます。でも文章の好き嫌いが出ると思います。私は好きですが。
つい先日、「イン・ザ・プール」を読みましたが、良かったです。
| 師匠 | 2006/04/04 5:19 AM |
>お師匠さん
「イン・ザ・プール」は面白かったです!僕も。
やっぱり、一冊読んだだけだとわからないところもありますね。
「野球の国」というのも読んでみようかな。
例のWBC以来、なんとなく、野球中継なども観ちゃってる僕がいたりするので。なんだかな〜。
ところで、僕のブログもだいぶ更新が滞っておりますが、さすがにちょっとここんとこ就活が山を迎えておりまして...。
ネタはめちゃめちゃ溜まってるので、いづれ大放出いたします。
とりあえず元気でやっておりますのでご心配無きよう、なんて。
| 夏庵 | 2006/04/06 10:11 AM |
夏庵さま、
就職活動のほうはいかがですか?

私も「イン・ザ・プール」読み終わりました。予想以上におもしろかった!このシリーズなら、次もハズレはなさそうですね。

ところで、カウンター9999踏みました。なんか下さい(ウソです)。
| kmy | 2006/04/08 10:20 AM |
>kmyさま
就職活動のほうは一段落つきました。
つーか、着けた。キリがないので。
来週頭には新しい仕事も決まり、今月中には社会復帰(苦笑)出来そうです。ご心配おかけしました。
「イン・ザ・プール」はほんと思ったよりは面白かったという印象。
これって松尾スズキ主演で映画化されてるのですね!?三木聡(シティボーイズのブレーンだった人)が監督みたいだし、かなりストレンジな感じで面白そう。
でもこれ、近所のビデオ屋には置いて無さそーなんですよねぇ。
この映画も観て、「空中ブランコ」も読んで、改めて感想をまとめてみたいなと思ってます。

ところで、カウンターの件、すっかり忘れてた!
去年の秋ぐらいから着けてみたんですけどね、キリ番とかそういうのまるっきりスルーしてたなぁ。
せっかくだからなんかあげます。
お家に突然、意味のない、うれしいんだか、迷惑なんだか、よくわからない、困惑せざる得ない何かが届いたとしたら、それがあなたの因果だと思って素直に受け取ってください。(含み笑い)
| 夏庵 | 2006/04/08 7:39 PM |
就職、おめでとうございます!お祝いに、なんか下さい(違うって!)。いや、そんなホントに何かもらおうと思ってたわけじゃないんです、すみません。でももしよくわからないものが届いたとしても、ありがたく頂戴いたしますです。ていうか、10000踏んだ人は何処に?

「イン・ザ・プール」、映画化されてたんですか。松尾スズキかぁ・・・面白そうだけど、ちょっとイメージちがうなー。私の中では、やっぱり名前から野球の伊良部をかなりコミカルにした感じなのですよ。あとデブでなくちゃダメだと思うのです。

「空中ブランコ」をテレビでやってたらしいですね。こっちは阿部寛で、マユミちゃんは釈由美子だったとか。釈ちゃんはともかく、阿部ちゃんってのはどうなのよ・・・いや、彼のことはキライじゃないけど・・・。
| kmy | 2006/04/08 11:17 PM |
>kmyさん
つーか、10000人目もkmyさんだったりしません?
そーゆーふーにはならないもん?
つーかカウンターの仕組みもよくわかってないつーか、おれ。
なんか、ブログにもともとついてるアクセス解析だとまたぜんぜん違った数字が毎日出てくるし。
ninjyaのほうもアクセス解析とカウンターの数字がちょっとずれてるような気がするんですよね。
なんか、根本的に俺、間違ってるかな。
というわけで「10000人目」の人募集。来たれ、あたしこそ10000人目の人っ!応募者多数の場合は抽選の上、意味不明のものの発送をもって当選発表と代えさせて頂きます。どきどき。

僕は伊良部のイメージはなんとなくハカセタロウでイメージしてました。
生理的に駄目なタイプのおデブ。でも彼が主演の映画とか見たくないし。
阿部ちゃんはなぁ、阿部ちゃんてねぇ、阿部ちゃんなんてよぉ...
| 夏庵 | 2006/04/09 2:16 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://gure720.jugem.cc/trackback/507
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
GALAXY
GALAXY (JUGEMレビュー »)
クレイジーケンバンド, FIRE BALL, PAPA B
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS