夏庵`s nest

nest [nest]
1(鳥, 虫, 魚, 小動物の)巣, 巣穴.
2居心地のいい場所, 休み場所, 隠れ場所, 避難所.

<< この一ヶ月 | main | 今夜も落語で眠りたい/中野翠 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
「面白い仕事」って、なんだ?
僕が今働いているのは、株式会社コ〇ワイドという居酒屋系のお店を多く経営してる外食産業の会社の業態のひとつ「三〇堂」というお店で、その新宿N〇ビル、29Fのお店に研修社員という形で、今はお世話になっているのでした。
固有名詞にいちいち伏字を入れてるのは、まだ今の会社関係の人には「こーゆーブログみたいのもやってんすよ、俺」みたいな自己紹介はしてないので、なにげに店名検索してみたらこんなのでてきたけど、これ誰?みたいな感じでばれると、まあ、別に構わないんだけどちょっと恥ずかしいな、みたいな気持ちもあり、で、まあ、そんな中途半端なことになってますが、まあ、わかりますよね、店名とか所在地とか?
というのも、まだこの店に勤め始めて一月にもなりませんが、自分的にはすっかり馴染んでしまっていて。
もし、このページを読んでくれてる方、あるいは前の店でもおなじみだったお客様とか、もし機会が合ったら是非遊びに来てくれればなぁ、なって思ってもいるのですよ。
チェーン系のお店とはいえ、お店の規模も小さいですし、インチメントな雰囲気のお店なんじゃないかと思ってます。おそばと強風おでん、串焼きに地酒という純和風系の居酒屋です。
夜景もみえるしさ、なかなかのモンですよ。

さて、そんなお店で毎日楽しく働かせてもらってますけど、いやほんと、自分でいってなんなんですけど、
「仕事が楽しくて面白くて、毎日がとっても充実してます!」
なんてさ、あんまりうそ臭いセリフな感じがしね?
正直今俺は「仕事が楽しくて面白くて、毎日がとっても充実してます!」というようなことを臆面もなく言ってのけてるけど、そういう風に宣言してみせることでなんかごまかしたりしてないか。そんな風にも考えたりするのである。いやなに、無為な(とは思いたくはないのだけど)蟄居生活の果てに幾分自分に対して疑り深くなってきてるわけですな。
だいたい、最終的にこの会社に入ろうと考えた最後の決め手は、所詮は飲食店の現場での作業なれど、一応は一部上場企業への入社というある種の安定感と給与も含めた待遇面を重視した結果であって、正直そこでの仕事が面白いなんてまるで期待してなかったではないか、とか。
正直、所詮チェーン系居酒屋と少し甘くみてさえいたんじゃんないか。
しかも現場の人間関係もビジネスライクな冷たさと、いわゆる現場にありがちな濃密な関係性とが複雑に入り混じった微妙な雰囲気だったりするのでは、という恐れを抱いていたのではなかったか。
何より、15年近く飲食の現場で働いてきたとはいえ、他の現場で自分の力がどれだけ通用するものか、自分自身でまるで自信がもてなかったのではないか?
それなのに、たかだか一月かそこらを経て、「仕事が面白い!」なんていう感想がフツーでてくるものなのか?

すごくシンプルにいえることは、この仕事、飲食業はどんなジャンルであれ、その仕事が好きな人にはたまらない魅力のある仕事であるけれど、好きでなければ到底勤まらない類の仕事でもあるということ。
で、結局、僕はその仕事が好きなのだなと再確認できた、それが今の自分のまっとうな本音だと思う、掛け値もごまかしもなしに。

いろいろと良い条件は重なってると思う。
今のお店の店長は40代後半の元気な女性で、その人がしっかりお店の根っこのところをぎゅっと掴んでいるということ。
それだから、従業員みんなが和気藹々とした良い雰囲気を保ちながら、仕事に対する心地良い緊張感も保って仕事しているということ。
お店の業績がよく売上も右肩上がりだということ。(会社自体は必ずしもそうではない)
自分自身が自分でも思っていた以上に、やれるのだ、ということ。そのことで自分の自信回復が出来たこと。

もちろん、いろいろと不満な部分もある。
商品の質の問題(概ねは期待以上だった、しかし、看板商品であるおそばがいまいちだったりとか、お店の独自メニューにもっとクオリティの高い物が欲しいとか)、週末等の繁忙時の売上優先のオペレーションだとか。
あるいはつい2〜3日前に今まで女将さん(店長の女性)と一緒に店を支えてきた料理長の人がかなり急な異動で店を離れてしまい、厨房が派遣の調理師さんとまだ若い女性社員中心で回さねばならぬ状況にあり、かなり不安を抱えた状況になってしまったこと。(僕は今まで店長候補の研修ということで現場での仕事はホールでの接客が中心だったのだけど、今週からは厨房の仕事も兼務することになった、それは寧ろ願ったりな状況なのだけど。)

つまりいま多少なり不満に思ってることは、上からの決定事項でどうしようもない部分もあるけれども、自身の工夫の余地もあるし寧ろそういう状況ゆえにどうすべきかという課題設定という意味では、取り組み外のある問題でもあったりするわけで。

繁忙時の仕事のハードさとか、とにかく拘束時間が長い、休日が少ない(しかし、今は研修期間中ということで週休2日だったりするのだ、そのことのほうが信じられない!)なんっていうのは、もう苦情の対象にはならんですからね、この仕事してるのなら。

だから、やっぱり僕にとって、この仕事は現在進行形で「面白い!」としか言いようがないわけで、願わくばその気持ちが途切れないで続いて、充分に自分で満足いく結果が残せたときには、次こそは本当に「自分にしか成し得ない仕事」に取り組むことができればなあと甘い希望を抱いてるわけなんです。
| 西新宿日記 | 19:43 | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 19:43 | - | -
コメント
お久しブリブリ!!
お元気そうで何よりです。
先日は偶然吉祥寺でお会いできてうれしかったです。
チョイ飲みのつもりが遅くまでゴメンちゃい。

イキイキと仕事が楽しい!と話をする夏庵を見て
カミショウ&カミダイは元気を頂きました。
私もパート頑張ります!!
お仕事は先日とは少し状況が変わってきているようですが
頑張ってね。


| カミショウ | 2006/06/05 8:59 PM |
カミショウさん、この間はどーもー。
なんだか、すっかりゴチになりやして。
こちらこそ、遅くまでお付き合いさせてすんまへん。
智サンはけっこう二日酔い気味でしたけど、そちらはダイジョブでした?

ところでせっかくコメントいただいたのにお返事遅くなってすいません。お察しのとおり、仕事のほうは早くも長時間、休みなしモードに入りつつあるので(笑、このページを開ける日も少なくなってきてたりして。
それでも何とかコチョコチョと更新していきたいと思ってますので時間のあるときにはたまにのぞいてください。
お店にも良かったら遊びに来てくださいね、カミダイさんにもよろしくお伝えください。
| 夏庵 | 2006/06/09 9:36 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://gure720.jugem.cc/trackback/559
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
GALAXY
GALAXY (JUGEMレビュー »)
クレイジーケンバンド, FIRE BALL, PAPA B
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS