夏庵`s nest

nest [nest]
1(鳥, 虫, 魚, 小動物の)巣, 巣穴.
2居心地のいい場所, 休み場所, 隠れ場所, 避難所.

<< 蛇足。 | main | 記号と現実 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
通人の憂鬱
僕の携帯の着信音、電話が「マイフェイバリットシング」で、メールが「スペイン」なんですよね。なんか、両方ともCM曲になっちゃって、えらくダサい感じだなと。

まあそういうわけで、生茶ですか。
僕もある意味災難ですが、魯山人さんも、まあえらい災難だなと。
「甘いは旨い」と、そんな言葉どっから拾ってきたんだか知らんが、そんな言葉だけ捉えて先生呼ばわりだの、ありがとうだの言われるのは相当迷惑だよなぁ。
ああいう故人の肖像権とか、その人の発言に関する著作権だのってのはどうなってんだろうね。なんかすごくいやな感じがするんだな、あのCM。
川内康範の騒ぎどころの話じゃないよな。

別に故人限らず、なにか前後の文脈とか状況関係なく単一の「言葉」だけを捉えて勝手な解釈を付け加えて、賛美でも批評でもするのって、ものすごく卑怯な気がする。
で、それがまた明らかな変な正しさのスローガンになるのってどうなのよ。
という気がする。
生茶が美味しくなろうがどうだろうが、奈々子がなんかおばさん臭くってちっとも魅力が無かろうが、あれがいいのだろうか?どうでもいいのだが、たかだかCMにしろ、ああいう作品のつくり方はよしたほうがいいと思う。

で、肝心の魯山人だがこの人も実は一言居士なとこは、まあ、ある人だから、こういう使われ方にとくに同情もしないという気もするのではある。
あきらかに人を驚かそう、その後に感心させようというかなり邪悪な表現欲の塊みたいな人、という印象が僕にはある。

「へうげもの」、漫画ですけど、山田芳裕という漫画家が自身の過剰過ぎる表現欲を戦国時代の織部というこれまた、稀代の通人の「自己顕示欲」に重ねて、いかんともしがたい表現者の業を描きつつある作品ですが、なかなか面白いです。
どうにもならないエゴがり、そしてそれが人に認めさせるための表現というものがあり、驚かしたりすかしたりがあり、通人がその高みにのぼればのぼるほど俗になる。結局その性根をごまかすために「わび」だの「さび」だの言い出す。
まあ、芸術家なんて、なるもんじゃない。



へうげもの 4 (4)
へうげもの 4 (4)
山田 芳裕
| 閑話休題 | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 23:15 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://gure720.jugem.cc/trackback/591
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
GALAXY
GALAXY (JUGEMレビュー »)
クレイジーケンバンド, FIRE BALL, PAPA B
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS